製品案内

東邦金属の事業領域BUSINESS DOMAIN

粉末冶金法と機械加工により、お客様の要求実現に挑み続けます。

タングステンやモリブデンは、耐熱性に優れた金属です。ともに融点が高く、粉末冶金法で製造されます。日本で最初に電球用タングステンフィラメントを製造した東邦金属は、お客様の多様な要求に答える為に、タングステン・モリブデンのみならず、レアメタル分野にて、長年培った粉末冶金法の無限の可能性に挑戦し、機械加工のノウハウを駆使したあらゆる形状の製品実現を目指します。

東邦金属の挑戦

東邦金属のモノヅクリに対する挑戦精神

モリブデン
タングステン

タングステン

驚異の超耐熱性能を活かす

スウェーデン語で「重い石」を意味するタングステンは、最高の融点と、最低の蒸気圧を併せ持ち、密度が非常に高く、高温強度、純金属中最低の熱膨張係数、優れた熱伝導度、電気伝導度を有しています。

モリブデン

耐熱性と加工性を活かす

ギリシャ語で「鉛」を意味するMolybdosに由来するモリブデンは、良好な加工性、高温強度、低熱膨張係数、優れた熱伝導度、電気伝導度を有しています。

材料技術 合金技術 加工・成形技術 応用技術照明・電子分野 通信分野 自動車分野 家電分野 新規分野タングステン・モリブデンの加工品製品使用例

材料から加工製品まで、拡大し続ける活用領域

タングステン・モリブデン製品のお問い合わせ、資料のご請求は専用のお問い合わせフォームにて承ります。