技術情報

原料から一貫生産INTEGRATED PRODUCTION

タングステン素材

タングステン線・棒は、その高温特性を利用して電球フィラメント、ランプ構成部品として幅広く用いられています。また、高純度タングステン製造にも成功しており、各分野で高い評価を得ています。

記号 特徴 用途
PL 延性及び加工性に優れた標準的なドープタングステン 放電灯・電子管用電極
アンカー他
PLD ノンサグ性、耐振性に優れているドープタングステン 高性能電球用フィラメント
PLD-S PLDのハイスペック品で、超高温用に最適なドープタングステン
SS 酸化トリウム(ThO2)添加タングステン ※含有率1.8~2.0% 放電灯・電子管用電極
TIG棒
WL
WY
WC
WL(エルタン)…酸化ランタン(La2O3)添加タングステン ※含有率1.8~2.2%
WY(ワイタン)…酸化イットリウム(Y2O3)添加タングステン ※含有率1.8~2.2%
WC(シータン)…酸化セリウム(Ce2O3)添加タングステン ※含有率1.8~2.2%

安定したアークスタート性を有し、耐消耗性が極めて高い。
また、いずれも放射性物質が含まれていない
溶接用電極
TIG棒
PW4N
PW5N
不純物を極限まで減らした、高純度材料
PW4N…タングステン純度99.99%以上
PW5N…タングステン純度99.999%以上
特殊放電灯用電極
再結晶組織の比較 (ワイヤーφ0.4の場合)

ノンサグ性に特化したドープタングステンであるPLDは、その再結晶組織において線軸方向に長大且つ、くさび形に噛み込んだ(インターロック)結晶粒が認められます。
この長大な結晶粒により耐変形性能が生まれ、この組織をノンサグストラクチャーと称します。

これに対して、ドープをしていないタングステンの例として、高純度タングステンであるPW5N(系内に不純物を嫌う特殊放電灯用電極などにご使用頂いています)の結晶粒は石垣状になっています。

再結晶組織の比較 (ワイヤーφ0.4の場合)

モリブデン素材

モリブデン線・棒は、高温での機械的強度に優れ、成形加工が容易であるために幅広く用いられています。

記号 特徴 用途
M 純モリブデン(純度99.98%以上)
再結晶温度/1100℃
マグネトロン用部品
アンカー他
Y 優れたWR(ワーキングレンジ)特性を示すドープモリブデン
再結晶温度/1100℃
電子管用グリッド
C 再結晶温度が高い耐脆化性材料
再結晶温度/1500℃
ハロゲンランプ用導入線
サポート
MCC C材より更に再結晶温度が高い、線用-耐脆化性材料
再結晶温度/1800℃
ハロゲンランプ用導入線
サポート、ヒーター
S-Mo C材より更に再結晶温度が高い、線・板用-耐脆化性材料(スーパーモリブデン)
再結晶温度/1800℃(線)・1600℃(板)
MCC材の用途に加え、高温炉の反射板、焼結用ボート・敷板
再結晶組織の比較(ワイヤーφ0.6の場合)

純モリブデンは再結晶により高温特性が低下します。一方、高い再結晶温度を有するC材、MCC材、S-Mo材は、高温域までモリブデンの高温特性を維持します。(破線より下の写真が、再結晶組織を現しています。)

再結晶組織の比較(ワイヤーφ0.6の場合)