東邦金属の挑戦

超硬合金を活用した地雷除去装置の開発ANTIPERSONNEL DEMINING MACHINE

開発ストーリー

1997年11月に、森林伐採・木材切削を目的とした農業開発用ビット「ブッシュマインカッター」としてスタートし、1998年3月に、国内・アフガニスタンでテストして良好な結果を得ました。
1998年6月に、地雷除去用ビットとして、実装テストを進めました。
1999年11月に、読売新聞にて「日本初の地雷除去機の開発に成功した」との記事が掲載され、日本政府がODA(政府開発援助)の一環として、カンボジア政府と国連が設立した「カンボジア地雷対策センター」に、対人地雷除去機を2台贈与しました。
その後、幾多の改良を重ね、現在も、カンボジア、アフガニスタン、アンゴラなどにおいて活躍中です。
地雷が除去された土地は平和な姿を取り戻し、子供たちの元気な笑い声が今日も聞こえてきます。

地雷除去用ビット改良の変遷

  • ver.1

    ver.1

    ver.4

    ver.4

    ver.7

    ver.7

    ・1998年06月 ver.1 リリース(初期タイプ)
    ・2000年09月 ver.2 リリース(耐摩耗対策タイプ)
    ・2000年10月 ver.3 リリース
    ・2000年11月 ver.4 リリース(装置出力30%アップ対応タイプ)
    ・2002年08月 ver.6 リリース
    ・2002年11月 ver.7 リリース
    ・2005年12月 ver.8 リリース
    ・2010年02月 ver.9 リリース