東邦金属の挑戦

タングステン製放射線遮蔽生地の開発RADIATION PROTECTIVE SUIT

東邦金属の技術で滑らかな繊維状に加工したタングステンを、繊維メーカーの協力により編み織られた、「タングステン製放射線遮蔽生地」は、既存の遮蔽体と同等の遮蔽能力を有し、かつ、軽量で柔軟性が高く、原子力発電所における防護服や、医療分野における新たな遮蔽材としての展開が期待されています。

「タングステン製放射線遮蔽生地」の特徴

タングステン繊維生地による放射線防護服

「タングステン製放射線遮蔽生地」使用の放射能防護服

実験では、γ線遮蔽率10.7%という値が得られました。
生地の多層化や、タングステン板(0.1mm)等との組み合わせにより、25%以上の遮蔽も可能です。

生地にすることにより、軽量で柔軟性の高い、新たな遮蔽体としての開発に成功しました。
人体に装着する防護服等にこの遮蔽生地を用いた場合、 今までの重く扱いにくい遮蔽体に比べ、作業者への負担を大きく軽減することが可能です。

更なる遮蔽率向上に向けて日々実験を進めており、早期の実用化を目指してまいります。

※遮蔽率は、名古屋大学内コバルト60γ線照射施設にて測定しています。